大物DIY

【簡単DIY】シンプルな本棚の作り方~設計編~

本棚

こんにちわ!おうち大好きりゅうばかです!

本日は友人に本棚が欲しいとお願いされたので作ってあげました。

シンプルな本棚がいいということだったので、一工夫してあげることで満足してもらえました!

りゅう
りゅう
それがこちら!

ニーズ以上のものを作ることが重要です!

しかさん
しかさん
下段と側面がお洒落ね

今回は「設計編」「モデリング編」「組み立て編」に分けようと思います。

~モデリング編~はこちらからどうぞ。DIY初心者には特にお勧めです。

~組み立て編~はこちらです。材料の買い出しから気になる方は是非読んでみてください。

今回は「設計編」なので設計の考え方を紹介します。

どんな本棚を作るのか?

まずは友人がどんな本棚が欲しいのかを聞く必要があります。

せっかく作るので喜んでもらえるように調査は大切です!

あなたも自分のものを作る場合でも、次のステップを順番に落とし込んでください。

りゅう
りゅう
要望を聞こう!

設置場所

うまくん
うまくん
どこに置くんだ!

まずはどこに本棚を配置するのかを聞きます。

配置する場所によって本棚の大きさ・形状・見え方が変わるので1番に聞きます。

今回は部屋角のこのスペースに入るような本棚が欲しいそうです。

隣接する部屋の通り道にあることが分かります。

コンセントと通気口があることも分かりますね。

りゅう
りゅう
環境や周りを確認しよう!

僕が気を付けようと思ったことは通り道の邪魔にならないこと、

コンセントをふさがないようにしようという2点です。

プラスワンポイントで通りすがりに本が取れるようにしようと考えました。

一つ目の工夫がここで、大変喜んでもらえる結果になりました。

サイズ

配置場所がわかったら具体的なサイズの確認が必要ですね。

奥行45cm(450mm)幅92cm(920mm)とのことです。

忘れてはいけないのが高さ!

天井まで使うことはできるらしいのですが、高さは1m(1000mm)程が良いみたいでしたので

ご要望を聞き入れます。

しかさん
しかさん
高さを忘れないようにね

実用性

配置場所・大きさがわかったので最後に本棚の使い方について聞きます。

本棚に使い方もクソもないでしょと思っていませんか?

本棚も「見せる本棚」と「たくさん入る本棚」があります。

今回友人にはシンプルなものお洒落なもの見せるもの多機能なものを紹介しましたが、

シンプルイズザベスト!と回答されてしまいました。

友人は本をたくさん読むのでたくさん収納ができて取り出しやすいものがいいそうです。

結構、お洒落な部分を推してみたんだけどな、、、

うまくん
うまくん
使い方を見据えろ!

ただ二つ目のワンポイントとして、一番下の段を出っ張らせ上に物が置けるようにしました。

大きいサイズの本やファイルなども収納できる奥行です。

これまたお洒落で実用性があるとのことで喜んでもらえました。

本棚を設計する

配置場所・大きさ・使い方がわかったので本棚の形状を考えます。

聞き出した情報から組み上げていきます。

ポイント

・コンセント、通気口がある

・通りが多い

・シンプルで本の収納大

あなたも配置場所・大きさ・使い方から形状を導き出してください。

りゅう
りゅう
ポイントを押さえて設計しよう!

幅サイズ

まず本棚の大きさですが、幅は目一杯使おうと思います。

ただし、通りが多いということで側面に本を立てかけられるような棚を作って

通りすがりにさっと本が取れるようにしたいと思うので本体は少し小さくします。

また、通りすがりに体をぶつけないように気持ち小さくします。

しかさん
しかさん
お洒落で機能的ね

奥行サイズ

奥行については、本が入れば十分なので1×4を2枚使用しようと考えました。

本の収納を大きくするために奥行を使用してもいいのですが、

奥の本が取り出しにくいうえにコンセントと通気口をつぶしてしまうので

本が一列並ぶ奥行のみで十分です。

一番下の段についてはA4等もしっかり入るように1×4を3枚使用します。

これにより、シンプルだけどお洒落感が増します。

1×4って何?って方には別記事でしっかりまとめたいと思います。

うまくん
うまくん
ワイルドなビンを置けるな!

高さサイズ

高さについては、ご要望通り1m(1000mm)ほどにしようと思います。

一番下の段にはA4やファイル等が入る高さ、残り3段は啓発本やコミックが入るように

高さを調整します。

りゅう
りゅう
本の高さに合わせて調整しよう!

コスト

そして忘れてはならないのがコストです!

予算と大体の費用を計算しておきましょう。

今回は1×4のSPF材を使用します。

1×8でもいいのですが、流通量が多い1×4の方が安価ですし

1枚板より1×4繋げたほうがお洒落に見えたりします。

予算は1万円まで出してくれました(笑)

りゅう
りゅう
痛い出費にならないようにね!

設計の考え方まとめ

いかがだったでしょうか?

シンプルな本棚でも配置する場所や周りの環境で考えることはいくつかあります。

また、シンプルでも少し工夫するだけで、お洒落で実用的になることが分かったと思います。

あなたもあなたらしい工夫を盛り込んでみてください。

DIYの一番楽しいところです!

それでは次回はモデリングと組み立ての記事を書いていきます。

それではりゅうばかでした!

りゅう
りゅう
またね!

P.S.

僕の友人であるさくやさんが子供用3段ベッドをDIYしています。

本棚より本格的なので興味のある方は読んでみてください。